トップページ > 私の大学受験

私の大学受験

"農学部に行きたかったのですが、数学が苦手なため
2次試験に数学がなく、家から通える範囲の公立大学を
受験することにしました。
夏休み前で、模試の結果その大学の合格率はE判定でした。
まず、不得意な数学を、高校1年の最初の分からおさらい。
同時に最も得意であった世界史で点を稼げるように暗記を
徹底しました。
もちろん、その他の科目もこなさければならないので
1日の目標をメモに箇条書きにし
遂行したものを上から順に線を引いて消していき達成感を
感じるようにしました。
数学であれば証明問題で1時間に1問しか解答できないものもあります。
ですから
数学2時間
世界史1時間
物理1時間
科学1時間
というように予定を組みます。
この場合、計算>暗記>計算>暗記といったふうに
することに変化をつけてこなしていった方が良いです。
夏休みで、集中して勉強できる状態だったため
この方法で夏休みの終わった時の模試では、志望大学の
合格判定がEからAにあがりました。
苦手科目は、すこしでも改善し、得意科目を徹底的に伸ばして点を稼ぐ。
センター試験などはゲームのようなものなので、割りきって攻略するのがいいと思います。"


関連の記事一覧
基礎から応用へ
受験勉強に関する予備校と独学の違い
私の大学受験
参考書は自分の目で選べ
効果ある勉強の環境を作ろう
自分の学習タイプを見極めろ
私の受験勉強法
大学受験に合格する為の必勝方法
小論文の書き方
受験などで役立てられるようなこと
東京大学受験後の参考書の行方