トップページ > 受験勉強に関する予備校と独学の違い

受験勉強に関する予備校と独学の違い

受験というものは、筆記試験、面接、論文、作文と言った様々な種類の方法がとられています。その中で、それぞれの試験に合った対策をしていくことになります。予備校などへいけばどういうことをすればいいのか具体的にわかりやすく、やり方を享受してくれるので受験への準備がしやすい環境が整っていますが、あくまで、こういうことをしていこうという指針となるだけなので、実際の対策などは自分から動かなければいけません。頼りすぎてもだめということです。与えられたものから、どれが一番自分に合っているのか見極め、利用させてもらうのが一番だと思います。あれもこれも手をつけては、全てが中途半端になってしまい、結果としてもなかなかでません。独学の場合はこういう問題に陥りやすいです。ただ、予備校などではあらかじめ決められたものをやっていくパターンが多いですが、独学の場合のメリットとして、自分でより様々な教材を選ぶことができるので、より広い選択肢の中から自分に合った教材を見つけることができる可能性もあるということです。大変ですが、自分に合ったものを見つけることができたら、予備校へいくよりも安価に効果的に受験対策を行うことができます。また、強制が少ない分自分でいかにしてやる気を出すかもポイントとなってきます。

嵐ファン必見!ジャニーズ 買取
関連の記事一覧
基礎から応用へ
受験勉強に関する予備校と独学の違い
私の大学受験
参考書は自分の目で選べ
効果ある勉強の環境を作ろう
自分の学習タイプを見極めろ
私の受験勉強法
大学受験に合格する為の必勝方法
小論文の書き方
受験などで役立てられるようなこと
東京大学受験後の参考書の行方