トップページ > 基礎から応用へ

基礎から応用へ

大学受験勉強に使用するのは学校で使う教科書、参考書1冊、問題集1~2冊で十分です。色々な問題集を解くのは効率が良いように思えますが、同じ問題集を何度も解く方が確実に実力がつきます。自分で何度も読み込んで理解するのが一番ですが、どうしてもわからないことがあれば、予備校などで質問する機会を作りましょう。通うのが難しければ、講習会や大学のオープンキャンパスに出かけて行って質問するのも手です。基礎を固める段階が一番辛く、ここを突破するかどうかで偏差値も大きく変わります。土台を作るには教科書レベルの問題を何度も解いて、苦手分野を少なくし、基本単語や科目の全体像を知ることが重要です。問題集などで「この問題は見たことがあるぞ」と思うようになれば次の段階へ進めます。基本が固まってきたと思ったら、問題集を1冊増やしましょう。知らない単語や見たことがない単元はほとんどなくなっているので、比較的解きやすくなっているはずです。応用問題に取り組むのもこの段階になってから。どんどん解いていきましょう。


関連の記事一覧
基礎から応用へ
受験勉強に関する予備校と独学の違い
私の大学受験
参考書は自分の目で選べ
効果ある勉強の環境を作ろう
自分の学習タイプを見極めろ
私の受験勉強法
大学受験に合格する為の必勝方法
小論文の書き方
受験などで役立てられるようなこと
東京大学受験後の参考書の行方